会社ブログ全ての記事

キッチンの汚れの種類と特徴

キッチンの一般的な汚れの種類として、油汚れ、焦げ付き、手垢、食品のカスなどが挙げられる。

●これらの汚れの原因や特徴

 付着したばかりの油汚れや水垢は、しばらくすると粘り気が出て最終的には固まった汚れになります。染み込みやすいため材質そのものに悪影響を及ぼす可能性があります。また、シンクのゴミ受けには食べ物カスの汚れが残りやすくぬめりの原因になります。これを放っておくと、汚れが落ちにくくなります。

●これらの汚れをしっかりと落とすには?

それぞれの箇所にあった特殊な洗剤を使用する必要があります。例えば、台所、レンジフード、換気扇にはあらゆる油汚れに素早く浸透し汚れを溶解する特殊なアルカリ性の油汚れ洗浄剤を使用します。これにより、焦げ付きやべとついた油もしっかりと除去することが出来ます。悪臭や黒ずみのもとになるカビやバクテリアには、特殊なカビクリーナーを使用することで効果的に除去することも可能です。

キッチン内にある素材は様々で、一度傷めた素材や変色した素材はもとには戻りません。このように、それぞれの個所に合った洗剤を使用し上手に使い分けることがキッチンクリーニングにおいてとても重要です。また、クリーニングと合わせて特殊洗剤仕上げを行うことにより、素材の撥水や防汚・除菌にも期待することができ、美しい艶を出すことも可能です。

●日常のお手入れ方法

キレイを保つためにできること

市販の酸性洗剤や研磨作用のある道具は使わず、柔らかいウエスやスポンジを使用し汚れを取り除く。強い汚れがある場合は、市販の中性洗剤を使用し汚れを拭き取ってください。